株式

【レバナス超え】ドラッカー研究所米国株がすごい!

一時期話題になったレバナスを超える投資信託があるそうです!

レバレッジ・ドラッカー研究所米国株ファンド

年間パフォーマンスはなんと100%超!

この成績はなぜ生まれるのでしょうか。

米国株レバレッジファンドと言えばレバレッジNASDAQ100やレバレッジFANG+が有名ですが、最近新たなファンドが注目され始めているようです。

その名も「レバレッジ・ドラッカー研究所米国株ファンド」です。

20世紀最大の経営学者ピーター・ドラッカーの提唱した経営哲学をもとにしたドラッカー研究所スコアに大和が独自の分析モデルを採用したファンドですが、レバレッジと言えばNASDAQ100やFANG+が地位を確立しています。

【レバレッジNASDAQ100の特徴】
✅レバレッジファンドの中で信託報酬率が安め
✅対応ファンドが多く人気が高い

【レバレッジFANG+の特徴】
✅信託報酬率はやや高め
✅圧倒的パフォーマンスのFANG+の2倍の値動き
✅レバナスを上回るパフォーマンス

既にレバレッジファンドで定番化しつつある2つのファンドですが、果たしてどこまでパフォーマンスで迫れたのか?
動画で詳しく解説していますのでぜひご確認ください。

【比較しているファンド】
✅大和 – レバレッジ・ドラッカー研究所米国株ファンド()
✅auAM – レバレッジNASDAQ100
✅大和 – iFreeレバレッジFANG+

◆チャプター
00:00 オープニング
00:35 ファンド比較(レバドラ vs レバナス vs レバFANG+)
04:25 銘柄比較(ドラッカー vs NASDAQ100 vs FANG+)
06:16 パフォーマンス比較(レバドラ vs レバナス vs レバFANG+)
09:45 まとめ

◆ナレーション
VOICEVOX/青山龍星

◆イラスト
いらすとや

#fang
#nasdaq100
#レバナス
#投資信託
#インデックス投資
#積立投資
#米国株